激安で引っ越しできる仕組みについて説明します

引っ越しをするときには、できるだけ安く引越しをしたいと考えるならば激安の業者を選ぶのがよいでしょう。引っ越しをするときの一般的な料金は、荷物の量や距離などによって変わってきますが、例えば東京と大阪ぐらいの距離を考えると、一人暮らしであれば5万円程度の費用になります。家族で引越しをする場合は、エアコンなどオプションを入れない場合であれば10万円ぐらいが相場になると考えてよいでしょう。オプションを含めると、エアコンが1基取り外しと設置を含めて1万5千円ほど、バイクなどがあれば別途お金もかかりますので、一人暮らしの場合であれば最終的に6万円から7万円、家族の場合だと15万円から20万円ぐらいになるでしょう。それならば、できるだけ安い引越業者を選んだほうがお得です。そもそもなぜ安くすることができるのか、その仕組みを知っておきましょう。

日時を指定できないところは安くなりやすい

激安の業者を大手と比べた場合、やはりサービス内容には差があることに気がつきます。大手では服や小物などは自分でダンボールにつめておく必要はなく、そのままの状態でもスタッフが丁寧に梱包をしてくれます。パソコンなどもコードにつないだままの状態で大丈夫です。プロのスタッフが丁寧に梱包をしてくれるというサービスがついているのが、大手の魅力です。現在では荷物をダンボールにつめておく必要すらないという引っ越し業者も増えています。激安の業者の場合、そのようなサービスはついていないことが多いです。自分でダンボールにつめておく必要がありますし、適当にダンボールに放り込んでいたパソコンやハードディスクが壊れてしまっても基本的には自己責任となります。また、荷物をすべて玄関先に運んでおいてくださいと要求されることもあるようです。

荷物の制限や混載便になることも考えられる

引っ越しを激安にするためには、荷物の制限があることが多いです。例えば、4トントラックの中に荷物を納めなければならないなどの一定の制限があるため、荷物が少ない人の方が有利になります。もし、トラックに乗らなそうな荷物があるならば、事前に整理整頓をしていらないものを可能な限り捨てていくか、自分たちの車に乗せていくなどの工夫をしておく必要があるでしょう。料金を安くするために、混載便を利用することになる場合があります。通常の便であれば、1家庭につき1台のトラックが割り当てられますが、そうすると業者としては無駄にトラックを動かさざる得ない場合が出てきます。例えば、引越しの荷物をトラックに入れてから、トラックの中で2泊して、荷物を搬入する場合などがあるからです。当然その間は、トラックを利用することができません。ですが、混載便にすることで、無駄なくトラックを利用することができるため、料金を安くすることが可能になります。